Original

発症早期のリウマチ患者に対するアクテムラの有用性について

発症早期のリウマチの患者さんに対して、アクテムラが非常に有用であったという話が2016年6月ランセットに掲載されたので、簡単に解説いたします。


目次[非表示]

  1. 1.参考論文
  2. 2.対象
  3. 3.初期段階での寛解率
  4. 4.副作用
  5. 5.専門医からの一言


参考論文

Early rheumatoid arthritis treated with tocilizumab, methotrexate, or their combination (U-Act-Early): a multicentre, randomised, double-blind, double-dummy, strategy trial.

Lancet. 2016 Jun 7. pii: S0140-6736(16)30363-4. doi: 10.1016/S0140-6736(16)30363-4. [Epub ahead of print]


対象

発症から1年未満で、かつ抗リウマチ薬などの治療を全く受けていない早期未治療RA患者さんが対象です。


初期段階での寛解率

寛解率
①アクテムラ単独群
80%以上
②アクテムラ+MTX併用群
80%以上
③MTX単独群
50%以下

※全調査を終えた段階では③MTX単独群も80%に近い寛解率を得ることができています。


副作用

軽微なものから重篤な副作用までありますが、①~③の3群間において発症頻度には有意差は認められませんでした。


専門医からの一言

発症早期にアクテムラを使用することによって、MTX単独と変わらない副作用リスクでありながらすばやい寛解を得ることが可能であると結論付けられます。

日本では、治療にはまず抗リウマチ薬から始めることが推奨されており、始めからのアクテムラ単独投与は、余程の理由がなければ行いません。

しかし、このようにまずアクテムラを単独で早期に使用することに関しても、一定のメリットがあると判明したので、MTXの使用が難しい方はアクテムラなどの生物製剤を早期から使用することを検討してもいいのかもしれません。



【関連記事】

リウマチ治療、生物学的製剤を導入する前に気をつけること

リウマチの最新治療、生物製剤について専門医が解説いたします

金子 俊之

金子 俊之

医師 医学博士 専門はリウマチ膠原病。 順天堂大学付属病院リウマチ膠原病内科を経て、現在は墨田区でリウマチ専門診療を行っているクリニックの院長。 現在も週1回大学病院でリウマチの専門外来を担当している。

とうきょうスカイツリー駅前内科のことで聞いてみたいこと

とうきょうスカイツリー駅前内科に関して気になること、知りたいこと、聞いてみたいことなどありましたら
何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

Rheumatismmとは


リウマチ・膠原病の専門医が正しい知識と最新の情報をお伝えするサイトです。

人気記事ランキング

カテゴリ