Original

マラリアの薬がリウマチに効く!生物製剤と比較し治療の経済的負担が軽減する可能性あり

もともと、抗マラリア薬(ヒドロキシクロロキン)はSLEや関節炎をはじめとする自己免疫性疾患に効果があることが世界的に数十年前から知られていました。

しかし、日本ではヒドロキシクロロキンではなくクロロキンを、しかも間違った用量で使用していたため失明患者が続出、使用中止となったのです。

近年、日本でもこのヒドロキシクロロキンの有用性が見直され、SLEでは保険適応として使用ができるようになってきました。

このヒドロキシクロロキンですが、戦時中にマラリア予防に兵士に内服させたところ、関節炎を持っていた兵士でその症状が改善されたというエピソードが有ります。

このことからも、SLEだけでなくリウマチをはじめとする自己免疫性疾患に広く応用が可能である可能性が高い薬なのです。

今回はヒドロキシクロロキンのリウマチに対する有用性とその経済的効果についてお話したいと思います。

 

論文は2つ

Antimalarials for treating rheumatoid arthritis.

Cochrane Database Syst Rev. 2000;(4):CD000959.

 

によると、ヒドロキシクロロキンとプラセボ(偽薬)で比較し、有意にリウマチに効果があったと報告しています。

そして、

 

Methotrexate monotherapy and methotrexate combination therapy with traditional and biologic disease modifying antirheumatic drugs for rheumatoid arthritis: abridged Cochrane systematic review and network meta-analysis.

BMJ 2016; 353 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.i1777 (Published 21 April 2016) Cite this as: BMJ 2016;353:i1777

 

によると、MTX(日本ではリウマチレックス・メトレートなど)+SASP(日本ではアザルフィジン)に加えてこのヒドロキシクロロキンによる3剤併用療法が、MTX単独群と比較し有意にリウマチに効果があったと報告。

さらに、MTX+生物製剤やMTX+トファチニブ(日本ではゼルヤンツ)と比較しても有意差がなかったと報告しています。

つまり、ヒドロキシクロロキン使用によって生物製剤とほぼ同等にリウマチの治療を行うことができる可能性を示唆しているのです。

これは、経済的理由により生物製剤を使用できなかったリウマチ患者さんでも、安価に生物製剤と同等の効果のある治療が受けられる可能性が出てきたのです。

現在は全身性エリテマトーデスや皮膚エリテマトーデスにしか適応がないのでリウマチには使用ができません。しかし、リウマチが適応になったらぜひ一度ご検討いただきたい治療法です。

もちろんヒドロキシクロロキンは眼疾患のリスクがあるので、常に眼科医と連携し細かいF/Uが必要であることを付け加えておきます。

 

 

 

【関連記事】

関節リウマチってどんな疾患?リウマチとは?

関節リウマチの治療薬について

リウマチの最新治療、生物製剤について専門医が解説いたします

金子 俊之

金子 俊之

医師 医学博士 専門はリウマチ膠原病。 順天堂大学付属病院リウマチ膠原病内科を経て、現在は墨田区でリウマチ専門診療を行っているクリニックの院長。 現在も週1回大学病院でリウマチの専門外来を担当している。

とうきょうスカイツリー駅前内科のことで聞いてみたいこと

とうきょうスカイツリー駅前内科に関して気になること、知りたいこと、聞いてみたいことなどありましたら
何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

Rheumatismmとは


リウマチ・膠原病の専門医が正しい知識と最新の情報をお伝えするサイトです。

人気記事ランキング

カテゴリ