関節リウマチとは

手足を中心に、体のあちこちの関節が腫れてしまったり痛んだりする病気です。治療しないまま進行してしまうと、関節が変形してしまい生活に支障をきたすことがあります。 30歳以上の人口の1%にあたる人がこの関節リウマチにかかると言われています。だいたい30歳前後から50歳までに発症することが多く、また男性よりも女性に多い病気です。

関節リウマチとは

関節リウマチの原因は?

現在世界中で研究が行われていますが、はっきりとした原因はわかっておりません。私も順天堂大学で関節リウマチ・膠原病にかかわる遺伝子の研究をしておりました。おそらくはウイルスなどの感染、周辺の生活環境、それに加えて遺伝的な要因が複雑に合わさった結果発症するものと思われます。

関節リウマチはどうやって検査・診断するの?

採血やレントゲンに加えて、当院では関節超音波を使って検査・診断いたします。特に関節超音波は体にほとんど負担を与えず、痛みもなく速やかに検査をすることができますので近年のリウマチ診療において日本全国に普及しつつあります。

関節リウマチの検査について

関節リウマチの治療は?

関節リウマチとは自分の免疫が自分の関節などを攻撃してしまい、その結果関節に腫れや痛みを生じる病気です。したがって治療はその免疫を抑えることが主体になります。

免疫調節薬:アザルフィジン・リマチルなど

免疫を抑える力は比較的弱い薬です。大きな副作用が出にくいかわりに病気を抑え込む力も比較的弱い印象です。しかし、この薬が著効する症例も多数あり高齢者の方や基礎疾患を抱えた方で以下の薬をお飲みいただくことが難しい場合には最初にお飲みいただく薬です。

免疫抑制薬:MTX(リウマトレックス・メトレートなど)・プログラフなど

免疫を抑制するお薬です。関節リウマチ治療ガイドラインで最初に考慮すべき薬の一つです。しっかりと病気を抑え込む力を持つ反面、副作用のリスクもある薬です。倦怠感や吐き気、肝機能障害や間質性肺炎(肺が線維化してしまいかたくなってしまう病気)に加えてニューモシスチス肺炎や悪性リンパ腫などのリスクがあるといわれております。どれも非常に低い発症確率ではありますが、当院では常に副作用・合併症に気を付けながらなるべく安全にお飲みいただけるよう細心の注意を払っております。

 

生物学的製剤:レミケード、エンブレル、ヒュミラ、シンポニー、シムジア、アクテムラ、オレンシア、ゼルヤンツなど

最新の関節リウマチの治療薬です。この治療薬の登場によりリウマチ治療の歴史が変わったといわれる薬です。点滴や看護師による注射、ご自身で注射するタイプに加えて最近では内服するタイプがあります。非常に効果が高い反面、免疫抑制薬と同等の副作用・リスクがあります。一番気を付けなくてはいけないのがやはり免疫抑制による感染です。当院では定期的に採血やレントゲンをチェックするほか、患者さんによっては肺炎予防の注射や飲み薬(ニューモシスチス肺炎予防)などをお飲みいただくこともあります。

生物学的製剤について

漢方薬

関節リウマチの治療の主流ではございませんが、高齢者の方・基礎疾患をお持ちの方・上記薬にアレルギーがある方・薬による治療があまり乗り気でない方・上記薬で効果がなかった方では漢方薬を使用いたします。まずは診察を行いその方に合った(漢方の世界では証といいます)漢方薬を選択いたします。西洋薬と比較し副作用は少ない反面やはり効果が出ないことも少なくありません。一方で、西洋薬では全く効果のなかった方で漢方薬が劇的に効くこともあります。

ステロイド

以前は関節リウマチの第一選択薬として使用していましたが、今のガイドラインでは効果と副作用リスクを考慮し、必要に応じて慎重に使用するよう定められています。中にはステロイドの合併症の多さから一切使用しない施設もあるようですが、当院では状況に応じてまずはご本人とよく相談し、その必要性・リスクについて説明いたします。その上で必要最小限、なるべく早く減量・中止することを条件に使用することがあります。

関節リウマチの治療について

最後に---------

これまで関節リウマチは一度発症したら治らない病気と言われてきました。しかし現在関節リウマチの治療は劇的に進化しております。適切に診断し、なるべく早く治療をすることによって寛解(お薬を使わなくても症状が全くない状態)となる患者さんがどんどん増えています。一方で、関節リウマチの治療はその副作用のリスクの観点から安易に診断・治療すべきではないとも私は考えております。当院ではまずリウマチ専門医による診断を行い、治療の選択肢をしっかり提示し、患者さんとよく相談しながら治療を進めていきます。

また院長である私は、毎週土曜日に順天堂医院でリウマチ専門外来を担当し、その間は大学よりリウマチ専門医を派遣していただいております。クリニックでは難しい患者さんは順天堂医院リウマチ・膠原病内科と連携しながら最新の治療を行うこともできますのでまずは気軽にご相談ください。

診療時間

月・火・木・金

午前:9:00~12:30
午後:15:00〜18:30
午前:9:00〜12:30
午後:13:30〜17:00

※院長が順天堂医院でリウマチ外来の為、下記の日程は代診です。
・金曜日13:00~17:00は松平蘭医師(リウマチ専門医)
・土曜日は、河野晋也医師(リウマチ専門医)
※休診日:水曜日・日曜日・祝日 クレジットカード利用可

インターネット予約

健康診断、ワクチン等の自費診療を

ご希望の方は直接お電話で

クリニックにお問い合わせ下さい。

03-5809-7660

アクセス

〒131-0033
東京都墨田区向島3-33-13
リョービビル 4F

●「とうきょうスカイツリー駅」正面改札より徒歩2分

●「押上駅」A3出口より徒歩10分

この内容で送信します。よろしいですか?