Original

少量の飲酒はリウマチの進展を予防する効果がある

よく外来でリウマチ患者さんに「お酒を飲んでもいいのですか?」

と聞かれます。

結論から申しますと

 

「少量のアルコールはリウマチにとって良い!!!」

 ということが分かっています。

上記結果を示す論文は複数あります。

どの論文をみても、少量の飲酒はリウマチにいい効果があるとの結論を示しています。

もちろん少量を超える、もしくは大量のアルコールはリウマチだけでなく体にとって害悪であることは言うまでもありませんが・・・

この少量という量ですが、アルコールで10gとする論文が多いようです。

10gとはざっくりビール1瓶もしくはワイングラス1杯程度です。

これくらいの量であれば、リウマチの発症や進展を予防してくれるようです。

しかし、アルコールは肝臓で代謝されます。そして、MTX・リウマトレックスも肝臓で代謝されます。

(というか、ほとんどの薬は肝代謝ですが)

MTXは他の薬剤と比較し肝臓に負担がかかりやすい薬剤です。

ですので、MTX内服日はアルコールを控えていただいたほうが、肝臓にかかる負担を軽減できるかもしれません。

 

 

 

【関連記事】

関節リウマチってどんな疾患?リウマチとは?

関節リウマチの治療薬について

リウマチと貧血について

金子 俊之

金子 俊之

医師 医学博士 専門はリウマチ膠原病。 順天堂大学付属病院リウマチ膠原病内科を経て、現在は墨田区でリウマチ専門診療を行っているクリニックの院長。 現在も週1回大学病院でリウマチの専門外来を担当している。

とうきょうスカイツリー駅前内科のことで聞いてみたいこと

とうきょうスカイツリー駅前内科に関して気になること、知りたいこと、聞いてみたいことなどありましたら
何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

Rheumatismmとは


リウマチ・膠原病の専門医が正しい知識と最新の情報をお伝えするサイトです。

人気記事ランキング

カテゴリ

この内容で送信します。よろしいですか?