Original

熱が長く続き、治らないときに考えるべき疾患とは

私達膠原病内科医は、原因不明の発熱が続く患者さんをご紹介いただくことが非常に多くあります。

不明熱を見た時に私達がどういう考え方をするか?について解説いたします。

不明熱の考え方として

①感染

②薬の副作用

③癌・悪性腫瘍

④膠原病

⑤その他

を念頭に精査を行います。

 

感染症

肺炎や膀胱炎、脳炎などあらゆる臓器が対象となります。

見落としは許されません。

なぜなら、感染症と、後述する膠原病では治療方針が真逆だからです。

感染症の存在下で膠原病の治療のために免疫を落とすような治療を選択した場合、最悪命の危機にも晒されかねません。

感染は肺炎などのようわかりやすいものばかりではありません。

腸腰筋膿瘍(足の筋肉に感染巣を作ってしまう)や腹腔内膿瘍、また結核や、感染性心内膜炎などは見落としやすいので常に鑑別に挙げておく必要があります。

また、採血などで疑わしければまず先行して抗菌薬や抗ウイルス薬で治療を行う「診断的治療」という方法もあります。

 

薬剤性

あらゆる薬で発熱などの症状を引き起こす可能性があります。

が、基本的には原因薬剤の中止で速やかに解熱するので診断に困ることは少ないです。

 

悪性腫瘍・癌

長く続く発熱の原因としてやはり鑑別に挙げる必要があります。

発熱以外の症状が乏しい場合には全身の造影CTや、必要に応じてPET-CTなどで全身精査が必要になることがあります。

 

膠原病

上記のあらゆる疾患を除外し、最後に検討すべき疾患です。

感染症・薬剤アレルギー・癌と比較すると明らかに発症頻度が低く、まず疑うべき疾患ではありません。

発熱以外の症状と合わせ、上記検査と並行して疾患の検査を致します。

詳細は「膠原病ってなに?」をご参照下さい。

 

その他

上記の疾患も除外された場合、偽痛風や深部静脈血栓症などを鑑別に挙げることができます。

 

 

 

【関連記事】

膠原病ってなに???

関節痛の原因となる内科の疾患について

人間ドッグで抗核抗体、ANAが陽性といわれたら

金子 俊之

金子 俊之

医師 医学博士 専門はリウマチ膠原病。 順天堂大学付属病院リウマチ膠原病内科を経て、現在は墨田区でリウマチ専門診療を行っているクリニックの院長。 現在も週1回大学病院でリウマチの専門外来を担当している。

とうきょうスカイツリー駅前内科のことで聞いてみたいこと

とうきょうスカイツリー駅前内科に関して気になること、知りたいこと、聞いてみたいことなどありましたら
何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

Rheumatismmとは


リウマチ・膠原病の専門医が正しい知識と最新の情報をお伝えするサイトです。

人気記事ランキング

カテゴリ