Original

意外に多い、リウマチ性多発筋痛症(PMR)のはなし

まず、これは関節リウマチではございません。

別の疾患です。PMRの症状・診断・治療について見ていきましょう。

 

症状

全身の関節痛が出現

手が上げづらい

太ももがいたい

太ももがはばったせいで立ち上がりづらい

発熱

体重減少

etc

 

検査と診断

PMRにはこれ!という検査はありません。

診断は除外診断と言って、他にこの症状に当てはまる疾患をすべて除外(具体的にはその他の膠原病・悪性腫瘍・感染症・薬の副作用など)しはじめて診断となります。

まずは採血です。一般的な項目に加えて、ALPやMMP-3が診断の役に立ちます。PMRではこの2項目が症状することがしばしば見られます。

PMRは特に悪性腫瘍に否定が重要です。時に悪性腫瘍があるときにこのような症状を呈することが多いからです。

ですので、PMRの診断には少なくとも全身のCT(造影が望ましい)・胃カメラ・便潜血(大腸カメラが望ましい)が必要と考えられます。

 

治療

治療はステロイドがよく効きます。ステロイドを15㎎~30㎎が初期量としては一般的です(炎症の強さや年齢、体格で初期量を決定します)。

一部の方にはMTXなどの免疫抑制薬の併用が必要なケースも有ります。

 

 

側頭動脈炎の合併

PMRに頭痛などを認めた場合は、この側頭動脈炎の合併を考える必要があります。

なぜなら、側頭動脈炎は治療が遅れると失明してしまうからです。

治療はやはりステロイドですが、初期量は30㎎以上、またステロイドパルスが必要な症例も多く認めます。

一般的に欧米人で多く合併する傾向にあり、日本人は少ないとされています。

 

RS3PE

両側対称性に手足のむくみを伴った関節炎があります。

手足の症状以外はPMRと酷似しています。

治療はやはりステロイドですが、PMRと比較し少なく済むケースが多いです。

 

 

 

【関連記事】

ステロイドの副作用を正しく理解する

膠原病ってなに???

関節痛の原因となる内科の疾患について

金子 俊之

金子 俊之

医師 医学博士 専門はリウマチ膠原病。 順天堂大学付属病院リウマチ膠原病内科を経て、現在は墨田区でリウマチ専門診療を行っているクリニックの院長。 現在も週1回大学病院でリウマチの専門外来を担当している。

とうきょうスカイツリー駅前内科のことで聞いてみたいこと

とうきょうスカイツリー駅前内科に関して気になること、知りたいこと、聞いてみたいことなどありましたら
何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

Rheumatismmとは


リウマチ・膠原病の専門医が正しい知識と最新の情報をお伝えするサイトです。

人気記事ランキング

カテゴリ